もしもドロップシッピングで「稼ぐ」ためのサイト制作代行サービスが贈る「売上があがるかもしれないブログ」

  1. もしもドロップシッピングのこと

もしもドロップシッピングとは?

 

ドロップシッピングとはアメリカ生まれのインターネット販売形態のことです。

 

ドロップシッピングの原型が生まれたのは1880年代のアメリカと言われています。

アメリカの国土は広大で、当時の交通手段は鉄道などが主流のため、遠方から商品を取り寄せるのも一苦労でした。また実際に取り寄せると「イメージした商品とは違う」ということもよくあったそうです。

そこで「ユーザーに希望する商品をもっと安く、早く届ける方法はないものか?」ということから、メーカーから商品を一括して安く仕入れて在庫を確保し、そのカタログを作り、ユーザーに気に入った商品を注文してもらう方法が考え出されました。現在のカタログ販売の原型とも言えます。

時代は流れ、カタログからインターネットを利用した商品販売が主流になってきた2000年代、アメリカでは、現在のドロップシッピングサービスが登場しました。ドロップシッパーは商品を直送してくれるメーカーと契約を結び、その商品をインターネット上で販売しています。

日本にドロップシッピングが上陸したのは2006年。日本はアメリカとは違い、個人がメーカーと直接取引するのではなく、多数のメーカーと契約を結んでいるドロップシッピングサービスプロバイダ(以下DSP)を利用する形が主流になっています。

 

ドロップシッピングには直送という意味があります。

本来ネットショップは商品をメーカーや卸業者から仕入れて在庫とし、販売・配送しますが、ドロップシッピングでは、DSPに登録して、そこの商品をサイトで販売します。

ショップ側は在庫を持たず、商品はDSPや卸会員から直接注文したお客様へ配送されます。

お客様が商品を購入したら、その後の手続きはDSPが行います。支払い・配送・問い合わせの回答などすべて代行してくれます。

*ドロップシッピング達人養成講座より引用

 

さらに詳しく!!
>もしもドロップシッピングとは?
 

もしもドロップシッピングのことの最近記事

  1. WEB制作の初心者さまが「もしもドロップシッピング」のショップ構築を1から自分でやるという…

  2. ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最低限、氏名やメールアドレスを記載しないと信用を…

  3. もしもドロップシッピングの本質

  4. 「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」などの仮想ショッピングモールのどちらをはじめよう…

  5. もしもドロップシッピングの10周年は、もしもドロップシッピングで商品が「売れている」という…

関連記事

ショップオーナーさまの仕事はサイト制作でしょうか?
はじめての方へ

専門店制作プラン

総合店制作プラン

制作のながれ

制作実績

会社概要

最近の記事

おすすめ記事

  1. ECニュース

    もしもドロップシッピング会員さま向け「無料売れ行き調査ツール…
  2. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピングの10周年は、もしもドロップシッピン…
  3. もしもドロップシッピングのこと

    ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最低限、氏名やメー…
  4. サイト制作代行サービスのこと

    「もしもドロップシッピング」のネットショップをオープンするに…
PAGE TOP