もしもドロップシッピングで「稼ぐ」ためのサイト制作代行サービスが贈る「売上があがるかもしれないブログ」

  1. もしもドロップシッピングのこと

もしもドロップシッピングのショップにおけるトップページの役割とは?

 

もしもドロップシッピングでも通常のネットショップでも、まずトップページを凝ったつくりにしようというドロップシッパー様やショップオーナー様も多く、デザインを外注してもトップページに気合を入れた提案をされることも少なくありません。

しかし、もしもドロップシッピングも含めたネットショップでは、トップページ以外から来店するケースの方がはるかに多いのです。

実店舗に例えると「正面入り口以外に、たくさん入り口があるお店。」接客のために正面ばかり掃除していたら、実際はほとんど来店客は通用口を使っており、そこはゴミ捨て場状態だった…という事態が起こってしまっています。

 

特に取扱商品が多い「総合店」は検索エンジンをはじめ、メルマガ、ブログ、広告などを経由してユーザー(お客様)はいきなり商品ページに入ってきます。購入するか否かも、その商品ページの情報だけで決めてしまうので、「トップページを訪問しないまま購入」するケースも決して珍しくありません。

全てのケースにおいて、決してそうではありませんが、トップページを「わざわざ」訪問する場合は、何か別の理由があるということ。アクセス解析から見るユーザー(お客様)の行動を踏まえて、トップページに求められる「役割」を考えてみましょう。

 

もしもドロップシッピングのショップにおけるトップページの役割とは?(その2)へつづく!!

 

 

 

もしもドロップシッピングのことの最近記事

  1. WEB制作の初心者さまが「もしもドロップシッピング」のショップ構築を1から自分でやるという…

  2. ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最低限、氏名やメールアドレスを記載しないと信用を…

  3. もしもドロップシッピングの本質

  4. 「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」などの仮想ショッピングモールのどちらをはじめよう…

  5. もしもドロップシッピングの10周年は、もしもドロップシッピングで商品が「売れている」という…

関連記事

ショップオーナーさまの仕事はサイト制作でしょうか?
はじめての方へ

専門店制作プラン

総合店制作プラン

制作のながれ

制作実績

会社概要

最近の記事

おすすめ記事

  1. ECニュース

    「恵方巻きサイダー」に見る、もしもドロップシッピングにおける…
  2. もしもドロップシッピングのこと

    ネットショップが売れる要素は、もちろんデザインが全てではない…
  3. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピングでサイト制作を外注する意味とは?
  4. ECニュース

    ドロップシッピング副業にも転機?!楽天市場やアマゾンでスマー…
PAGE TOP