もしもドロップシッピングで「稼ぐ」ためのサイト制作代行サービスが贈る「売上があがるかもしれないブログ」

  1. もしもドロップシッピングのこと

もしもドロップシッピングのショップは差別化なくして成功無し!!これに気付いていない人、間違って解釈している人がまだまだ多いという現実は勿体ない…。

 

いつも本ブログへご訪問いただき、本当にありがとうございます。
もしもドロップシッピングサイト制作代行の青山です。

さて、現在弊社へのご依頼が集中しておりまして、新規のご依頼につきましては、「ご予約」という形で承っております。

制作のご依頼を検討いただいてる皆様には大変申し訳ございませんが、すでに着手している、もしもドロップシッピングショップ構築におけるクオリティを担保するための処置となりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

さて、もしもドロップシッピング(ネットショップ運営)においては「差別化」ということが高い売上を継続するための重要な要素のひとつだと言われています。
もちろんネットショップ運営だけに限らないことですが、やはり他の人と同じことをやっていては決して突出することは出来ないということは至極当然だと言えます。

 
もしもドロップシッピングでは、無料のサイト制作ツール「ショップできすぎくん」にてショップを構築されているショップオーナーさまは大変多いかと思います。

とにかく費用がかかりませんので、先ずはここからという流れはごくごく自然だと思います。
また、ショップできすぎくんで実際に売上をあげているショップオーナーさまがいらっしゃるのも事実です。

しかしながら…

・思うような売上を上げられない!
・売上が全く無い!

…という、ショップできすぎくんを利用して運営しているドロップシッパーさまは、先ず訪問者(お客さま)として、実際に商品を購入する側に立って考えていただきたいのです!
 
 
 

ショップできすぎくんと差別化

例えば、とある商品を購入するため、検索エンジンから商品名のキーワード検索をかけて購入するショップを探しているお客様が居るとします。

検索エンジン → ショップ → 購入

に至るお客様の行動パターンとして、先ずいくつかのショップを訪れて「価格」や「その他の付加サービス(発送目安や送料など)」を比較するということが多いようです。

としたときに、訪問するショップがすべて同じ構造のショップ、つまりショップできすぎくんで構築されているショップだとしたら、これに「違和感」をもってしまうのが、普通の感覚ではないでしょうか?

実際、もしもドロップシッピングでの売上上位の商品は、当然競合も多い訳で、ヘッダーのショップ名とサイトの色味だけは異なるけれども、店構えはそっくりそのまま同じという状況が多々あります。これを、見る人が見れば「全て同じショップ」という認識を持たれても不思議ではありません。

 

もちろん全てのケースで当てはまる訳ではありませんが、そのような状況ではどんなに商品の説明文がオリジナルのものでも、独自のコンテンツページ(たとえば商品豆知識ページ)などを有していても、訪問者はページ離脱をしてしまうのではないでしょうか?

たしかに検索エンジンに上位表示するということは、キーワードによってはそれだけで「集客」ができることになります。しかし、ショップの「店構え」が「ショップできすぎくん」のデフォルトに限りなく近い状態では、「上位表示されていても売れない」ということになってしまいかねません。

さらにつっこんでいくと「サイト運営者」ページ内での名前をニックネームにしたり、メールアドレスをフリーメールで記載している場合も、先ず改善の余地があるのではないかと考えます。

つまり商品力がある前提において、サイトの構造やデザインも含め、いかに通常のネットショップに近づけた、もしもドロップシッピングのサイトを構築するかのか。逆に言うと「もしもドロップシッピングっぽくないショップ」を構築するか否かに成否のカギがある、ということが言えるのではないかと思うのです。

検索エンジン最適化(SEO)に励むドロップシッパー様は多いかと思いますが、それが目的になってしまっている方が多すぎるように感じてなりません。
 
 
 

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなサイトが作りたい!あんなショップを運営したい!という、もしもドロップシッピングのショップオーナーさま、先ずは弊社へご相談ください。
出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

もしもドロップシッピングのことの最近記事

  1. WEB制作の初心者さまが「もしもドロップシッピング」のショップ構築を1から自分でやるという…

  2. ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最低限、氏名やメールアドレスを記載しないと信用を…

  3. もしもドロップシッピングの本質

  4. 「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」などの仮想ショッピングモールのどちらをはじめよう…

  5. もしもドロップシッピングの10周年は、もしもドロップシッピングで商品が「売れている」という…

関連記事

ショップオーナーさまの仕事はサイト制作でしょうか?
はじめての方へ

専門店制作プラン

総合店制作プラン

制作のながれ

制作実績

会社概要

最近の記事

おすすめ記事

  1. ごあいさつ

    「もしもドロップシッピングサイト制作代行」はサービス開始6周…
  2. サイト制作代行サービスのこと

    もしもドロップシッピングのブログについて”ふと&…
  3. サイト制作代行サービスのこと

    「もしもドロップシッピング」で売上の壁に当たったとき、今一度…
  4. もしもドロップシッピングのこと

    WEB制作の初心者さまが「もしもドロップシッピング」のショッ…
PAGE TOP