もしもドロップシッピングで「稼ぐ」ためのサイト制作代行サービスが贈る「売上があがるかもしれないブログ」

  1. もしもドロップシッピングのこと

誰も教えてくれない「もしもドロップシッピング」における「売れる」商材とは?

誰も教えてくれない「もしもドロップシッピング」における「売れる」商材とは?

 

いつもご利用ありがとうございます。
もしもドロップシッピングサイト作成代行サービスの青山です。

さて、本日のタイトル…
「もしもドロップシッピング」における売れる商材は何か?
ということですが、これはドロップシッパーさまがもっとも知りたい情報のひとつではないかと思います。

 

昨今では「Amazon」の出店サービス(マーケットプレイス)の売れ筋商品をリサーチして「Amazon社」が自社での取り扱いをはじめている、というようなことが問題視されていますが、言わずもがな結局は「売れる商材」を扱うことがネットショップを成功させる「必要不可欠な要素」の一つだと言えます。

しかし、では「何が売れるのか?」という重要なことはどこの「セミナー」に行っても、どんな「塾」に入っても、なかなか具体的には教えてくれることはないでしょう。

とはいえ「もしもドロップシッピング」では「売れ筋商品」を公開しています。
 
 
先ずは、これを基に商材を選んでショップを制作していく事がセオリーとされています。

もちろん売れ筋商品は競合店舗も多い訳です。
しかしその分、より沢山売れている訳ですから、売れるかどうかもわからない商材を扱うよりは、勝機があるということでしょうか。

たしかにこれは弊社でも実感をしています。

しかし、ドロップシッパーさまそれぞれの目標によって必要な運営計画というのは変わって参りますし、万人が知り得ている「売れ筋商品」の専門店ばかりを制作しても、高い売上を維持継続していくことは、決して容易ではありません。

やはりどこかの段階で自ら「商材」を選び、それらの専門店を量産していくことが求められるのです。
では、どうやって売れる商材を選んでいくのか?という確信の部分に触れていきたいと思います。

 

先ずは市場のトレンドを把握し、予兆をとらえることです。

こういう風に申し上げると少し難しいという方もいらっしゃいますが、紐解いていけば、極めて単純な事です。

何が売れるか?と、ただぼーっとPC画面を眺めていても、わかる筈もありません。もしもドロップシッピングの「今これが売れました!」も、結局のところ後追いでしかありません。
かといって、商材選びは博打ではありませんので『トレンド』つまり「今、何が流行っているのか?」というところから探っていく事が、重要な要素の一つだと考えます。

例えば、以前わたしのショップでは「お掃除ロボットのルンバ」が未だ出始めの時期、「もしもドロップシッピング」で取扱いの「ノンブランドの類似商品」が飛ぶように売れました。
当時「もしも」内でも「ルンバ」の取扱いがありましたが、価格も高く、大手取扱店の前にはほとんど勝機がありませんでした。

しかし安価なノンブランド品は大手も未だ取扱いが無く、結果として「もしもドロップシッピング」のショップでもヒット商品となりました。私は 専門店で売っていましたが、おそらくその商品だけで100万円以上は売上げていたと思います。

「ヒット商品のノンブランド品」これはひとつの商材選びのコツです。

また、別のケースで考えてみましょう。

もしもドロップシッピング内でも取り扱いの多い「マスク」ですが、昨今「伊達マスク」という目的で購入者が増えているのをご存知でしょうか?

マスク全体の売れ行き自体は伸び悩んでいる様ですが、「肌荒れを見られたくない」といった理由から、日常的にマスクをする人が増加しているのです。

男性アイドルなどが着用したことも相まって、楽天では「伊達マスク」の売上が急増したようです。
もちろん取扱う商品自体は「通常のマスク」と同じですが、トレンドをうまく把握し「売る切り口」を変化させることによって更なる売上を達成できた例だと思います。

いづれも世の中のトレンドをいち早くつかんでショップに反映させることによって見出された「売れ筋商品」です。

これにうまくキーワードで検索エンジンにヒットさせるようにサイト構築し、店構えやデザインを丁寧に作りこんでいけば、高い売上を維持継続できるショップが出来上がります。

 

弊社では「サイト制作」という形で、ショップオーナーさまを全力でサポートさせていただいております!また、弊社へ制作をご依頼いただいたクライアントさまには、もしもドロップシッピング運営のメールサポートも行なっておりますので、比較的初心者の方も安心してご利用いただければと考えております。
 
 
 

あわせて読みたい売上があがるかもしれない記事

TOP ご相談・お問い合わせ ご依頼・お見積り

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)



もしもドロップシッピングのことの最近記事

  1. 「もしもドロップシッピング」における複数店舗展開から独自モール化への重要性

  2. もしもドロップシッピングにおける在庫切れ・取扱い終了商品ページ、貴方はどうしますか?

  3. WEB制作の初心者さまが「もしもドロップシッピング」のショップ構築を1から自分でやるという…

  4. もしもドロップシッピングは売れない…でも成功者は実在する。じゃあ、どうすれば自…

  5. ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最低限、氏名やメールアドレスを記載しないと信用を…

関連記事

最近の記事

おすすめ記事

  1. ECニュース

    「TopSeller(トップセラー)」ではなく「もしもドロッ…
  2. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピングの10周年は、もしもドロップシッピン…
  3. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピング初心者の方のためのサイト制作ご依頼フ…
  4. サイト制作代行サービスのこと

    もしもドロップシッピングのショップを「オリジナル制作」する場…
PAGE TOP