公開日:

もしもドロップシッピングは時期ごとにそれぞれの専門店を作ってみよ!

この記事は 1552 回読まれました

 

もしもドロップシッピングにおいて、1つのサイト(ショップ)から安定した売上げを通年にわたって出すことは、中々難しいものがあると思います。

それでは、どうやって通年、また長年に渡って安定した売上げを上げ続けることが出来るのか?これはドロップシッピングおける1つの重要なテーマではないでしょうか?

1つの答えとして、複数店舗の運営があります。

かつ、時期ごとに強い商材で専門店を運営するというものです。これは「もしもドロップシッピング」サイト内の「おすすめ特集ページ」にヒントが隠されています。

↓以下抜粋です

冬期に売れるもしもドロップシッピンング商材(12月~2月)

クリスマス・お正月・バレンタインとイベント多数。暖房器具や毛布などの寝具も需要が高まります。

 

春期売れるもしもドロップシッピンング商材(3月~5月)

花粉対策グッズや、寝具や一人用の家電、新生活関連の商材が売れ始めます。

 

夏期売れるもしもドロップシッピンング商材(6月~8月)

GWの焼肉需要や気温が上がるにつれ、扇風機やひんやり寝具等の売上げが伸びてきます。

 

秋期売れるもしもドロップシッピンング商材(9月~11月)

少し涼しくなり自転車や敬老の日にあわせたプレゼントなど。また10月中旬からハロウィンコスプレが急激に売上げを伸ばします。

ぜひ、複数店舗展開の参考になさってください。

本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」の一助になれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなショップが作りたい!あんなショップを運営したい!というドロップシッパーの方。先ずは弊社へご相談下さい。出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

お問合わせフォーム お見積り・ご依頼フォーム

[showwhatsnew]




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る