公開日:

もしもドロップシッピングのショップをいくつ運営していますか?

この記事は 2290 回読まれました

 

あなたは、もしもドロップシッピングのサイト(ショップ)を何店舗運営されていますか?
という質問に対して、おそらく「1店舗」のみで安定した売上を上げ続けているドロップシッパーさまは、少ないのではないかと思います。

ほとんどのドロップシッパーの方は「数店舗~数十店舗」のいわゆる「複数店舗展開」にて、売上を上げ続けているのではないでしょうか?

季節や年によって流行の(売れ筋)商品は絶えず移り変わっていきますし「もしもドロップシッピング」の在庫切れが長く続くケース、また取扱い自体が終了してしまうケースもございます。

それらのメンテナンスを欠かさず、常にサイト(ショップ)の新規制作を続け、より複数の販売窓口を持ってこそ、安定した高い売上を上げ続けることが出来るのではないかと、弊社では考えております。

在庫管理や、顧客対応は「もしもドロップシッピング」が行ってくれますので、その分売れ筋商品のマーケティングや、新規サイト(ショップ)の制作、集客に集中して作業することが成功の為の重要な要素のひとつであると思います。

サイト制作 → ほったらかし

…では、高い売上を維持し続けることは、極めて難しいのです。

仮に1店舗の売上が10万円程度だとしても、同規模のもしもドロップシッピングの店舗が全部で10店舗あれば、単純計算で100万円の売上となります。

実際のネットショップでは10店舗の運営となりますと、大変なコストと労力が必要ですが、もしもドロップシッピングではサイト(ショップ)を制作して、サーバへアップロードするだけで開店することが可能です!この、もしもドロップシッピングの最大にして最強のメリットを使わない手はありません。仮に1店舗目でヒットしなくても2店舗目、3店舗目で成功するかもしれません。

先ずは継続していくことが重要だと考えております。

もしもドロップシッピングの運営にお困りのドロップシッパーさま!ぜひ一度、弊社までお気軽にお問合わせいただければと存じます。
どうぞよろしくお願い致します。

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」の一助になれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなショップが作りたい!あんなショップを運営したい!というドロップシッパーの方。先ずは弊社へご相談下さい。出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

お見積り・ご依頼

ご相談・お問合せ





この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る