公開日:

もしもドロップシッピングのショップもデザイン性が重要に!!

この記事は 906 回読まれました

 

日本ネット経済新聞が、ECサイト制作、サイト運営代行会社の協力を得て、サイトのデザイン性を分析し、その結果を「第一回ECサイトデザインランキング」としてまとめました。

その上位にはカタログ通販を行うなど通販事業歴の長い会社がそろいました。一方、家電やフィギュアなどを取り扱うショップは比較的デザイン評価が低く、軒並み下位に位置しました。

と記事は報じています。

 

このような流れの中で、ネットショップでもサイトのデザイン性が以前に比べ、重要視されてきている、ということかもしれません。素人丸出し的なサイトデザインでも売れていたのは、もはや昔話なのでしょうか…。

これは当然「もしもドロップシッピング」にも当てはまっていくことになります。

また、別件でインターネット環境の向上に伴い、「動画」を利用するECサイトが多くなってきているそうです。もしもドロップシッピングでも「動画」などを利用して他店との差別化ができると面白いかもしれませんね。

 

今後のもしもドロップシッピング運営にご参考いただければ幸いです。

 




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る