公開日:

弊社制作のバナー画像が無断使用されたそのとき!



この記事は 646 回読まれました

 

いつもご訪問ありがとうございます。
もしもドロップシッピングサイト制作代行の青山です。

実は先日、弊社のパトロールチームが、以前クライアント様に納品させていただいたショップ(サイト)内のバナー画像を無断使用している他のサイトを発見しました。

そちらのサイトは、同じ「もしもドロップシッピング」を利用したショップサイトでした。

サイズ的にもインパクトのあるバナー画像でしたので、全体の見栄えとしましても弊社制作サイトとかなり酷似しており、せっかくご依頼いただいたクライアント様にも迷惑が及ぶ事になりますので、早々にその無断使用しているサイト管理者へ弊社から連絡を取りました。

ショップやブログの更新履歴を見る限り、現在も稼働しているサイトでしたが、先方からの返信は一向にいただけませんでした。

その後、何度かコンタクトを試みましたが全く返信がいただけず、期間猶予を与えた上で強制的に対応する旨の連絡を最後にし、様子を見ることにしました。

こちらの指定した猶予期間が過ぎましたが、特に連絡も無く、先方のサイトを再訪問しても、弊社制作のバナー画像は、今もなおデカデカと無断掲載されたままでした。

そこで、早急に関係機関に申立てを行い、数日のうちに当該サイトはインデックス削除されることになりました。一応今回は、法的処置まで行っておりませんが、状況によっては検討しなくてはいけないと考えています。

無断使用…コピーされる…ということは多少なりとも、その素材を認めて下さったのだとも理解できますが、やはり胸中穏やかではありません(苦笑)

しかしながら、今回申立てをおこなった関係機関の対応の早さには本当にびっくりしました!!

本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなショップが作りたい!あんなショップを運営したい!というドロップシッパーの方。先ずは弊社へご相談下さい。出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

お問合わせフォーム お見積り・ご依頼フォーム

[showwhatsnew]


   

この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る