公開日:

それでも「もしもドロップシッピング」で売れない方へ!

この記事は 1126 回読まれました

 

いつもご訪問ありがとうございます。

もしもドロップシッピングサイト制作代行サービスの

青山です。

 

多くのドロップシッパー様が抱える悩み、それは「売れない」ということだと

思います。

 

事実弊社にも毎日のように、そのようなご質問やお問い合わせを頂戴しており、

予想以上に「もしもドロップシッピング」のサイト制作やサイト運営にお悩みの

ドロップシッパー様が多いことに気付いた次第です。

 

「もしもドロップシッピング」はつまり「ネットショップ運営」ですから、

先ずは【どんな商品を扱っているか】が一目でわかることがとても重要です。

 

そのためには、以前の記事でも申し上げたかもしれませんが、ショップの

コンセプト・方向性をはっきりと定めることです!

 

更に具体的に申し上げれば、

【誰に何を販売するのか?】

ということを出来るだけ絞り込むことです。

 

たとえば、ファッションの専門店なら、かわいらしい服とセクシー系の服を取り扱って

いる場合、商品をどちらかの一方に絞った方が良い訳です。

 

取扱いの商品数自体は減ってしまいますが、そうしないとショップのコンセプトが

曖昧になってしまい、訪問したお客様が混乱してしまいます。

 

もちろんじっくりと商品を探してくれれば良いのですが、実店舗と違い、

ネットショップではお客様がすぐにページ離脱してしまいます。

 

また【だれ?】をターゲットにするかも絞り込みが必要になります。

20代と40代、両方が「良い」と思うサイトは、デザイン出来ないと考えた方が

良いです。

さらに誤解を恐れずに申し上げれば、

「サイトはターゲットをある1点に絞らないと制作できない。」

といっても過言ではありません。

 

たとえば20代、独身一人暮らし、サラリーマンで月収が●●万円、彼女は遠距離恋愛で、

将来は独立を考えていて・・・etc

という具合に想定すれば、商品構成やサイトデザイン、オリジナルの商品説明文や

キャッチコピーなどにもブレずに1本筋が通り、訴求力もピンポイントとなり、

より効果的になると言えます。

 

 

もしもドロップシッピングでは、膨大な商品ジャンル、数とありますから、

様々な「専門店」を制作することが可能です。

 

弊社の「もしもドロップシッピング専門店制作プラン」では、そうしたあらゆる

専門店制作に対応させていただけます。

 

もしもドロップシッピングをはじめたけれど、まったく売れない・・・という

ドロップシッパーさまは、是非一度弊社へご相談ください!

また、無料のショップ診断も行っております!
 今すぐ無料診断をする

お問合わせフォーム

弊社代表は元もしもドロップシッピングのドロップシッパーです。

(*ダイアモンドクラス実績あり!)

 

これまで、大学生、サラリーマン、主婦、フリーター、法人・企業様、様々な立場の

ドロップシッパー様からご依頼いただいてきた弊社だからこそ、ご提案できる

突破口がある筈です!

 

もしもドロップシッピング運営のほんの一助にでもなれれば幸いです。

青山健もしもドロップシッピングサイト制作代行|青山健

 




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る