公開日:

今さら聞けない?もしもドロップシッピングのショップを制作するにあたっての超基本事項!

この記事は 1062 回読まれました

 

いつもご利用いただきありがとうございます。
もしもドロップシッピングサイト制作代行の青山です。

本日は、暑さも少し和らぎ比較的過ごしやすい1日となりそうです。

さて、誰が呼んだか「今さらシリーズ」(笑)

今回は、もしもドロップシッピングのサイト(ショップ)を構築するにあたっての超基本事項を確認してみたいと思います。

ネットショップが誕生して十数年。

WEBの発展と共にショップの「店構え」も進化発展を遂げていますが、それでもネットショップである「基本」は不変的なものがあると考えています。もはや当たり前の事ではありますが、たとえば初めて「もしもドロップシッピング」のショップを制作するドロップシッパーさまなどは、是非ご参考いただければ幸いです。

 

もしもドロップシッピングのショップ制作超基本事項①
★ネットショップであることが一目でわかるようになっている

もしもドロップシッピングのショップの目的は、言わずもがな商品を紹介して、サイトの訪問者(お客様)に購入してもらうことです。情報の提供だけを行うサイトや、個人の趣味のサイトとの区別をつけて、ネットショップであることを訪問者へきちんと伝えられているかどうかが極めて重要になります。

それでは具体的に、ネットショップのサイトであることを、訪問者がトップページを開いて、あるいは商品ページから開いて一目でわかるようにするにはどうしたらよいでしょうか?

もっとも効果的な方法は、お酒を扱うショップであれば「●●酒店」、コスプレ衣装を扱うショップであれば「●●コスプレ通販」といったサイト名にすることです。

「●●のお店 △△」や「●●専門店|△△」と店名に商品のキーワードを補足して表記する方法もあります。

ちなみにこれらはSEO的にも有効な手段です。既にネームバリューがある大手企業の運営するネットショップは別として、取扱商品をサイト名につける手法は、今やセオリーと言っても過言ではありません。

 

サイト名を変更することが難しかったり、取り扱う商品のジャンルが幅広い場合、また総合店を運営する場合などには、ページの上部に商品写真を載せたり、お店のキャッチコピーを付けて表す方法もあります。

また、ショッピングカートや代金支払、送料などの決済に関するナビゲーションメニューを設置し、セール情報や人気商品ランキングなどの販促情報を提供して、商品を販売しているという情報を目立たせ、訪問者に伝わるようにすることも大変重要です。

1.サイト名がお店や商品を連想させる名前になっているか?

2.ページ上部に商品の写真やイラストはあるか?

3.セール開催や売上ランキング、決済方法などの情報はあるか?

本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」の一助になれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなショップが作りたい!あんなショップを運営したい!というドロップシッパーの方。先ずは弊社へご相談下さい。出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

お問合わせフォーム お見積り・ご依頼フォーム

[showwhatsnew]




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る