公開日:

もしもドロップシッピングで初めて売上がありました!



この記事は 1580 回読まれました

 

もしもDSサイト作成代行の青山です。

弊社制作のもしもドロップシッピングのショップを納品後、クライアント様から、
\はじめての売上がありました/というご連絡を頂戴することがあります。

本サービスをご提供している中で、わたしを含め最もスタッフが喜びを感じる一瞬です!

 

弊社にサイト制作をご依頼いただくクライアントさまの中には、比較的初心者に近いショップオーナーの方たちがいらっしゃる一方、既に何年も「もしもドロップシッピンング」でネットショップ運営をされている、ベテランの域に達しているショップオーナーさまもいらっしゃいます。

しかしながら、共通している事は「売れない」「ただの一度も売れたことがない」という部分です。そういった、ある意味「悲壮感」「絶望感」を前に、最後に弊社を信じて賭けて下さる、というケースも少なくありません。

もしもドロップシッピングは、無料ではじめられるネットショップ構築の仕組みです。

副業のスタンスでも「売上をあげる」ことはもちろん「可能です。」月商何百万、何千万を売上げるショップオーナーさまがいらしゃるのも事実です。
しかしそうなる為には【それ相応のやり方】というものが必要不可欠です。これは「もしもドロップシッピング」や「もしもアフィリエイト」に限ったことではなく、至極当たり前のことです。

もしもドロップシッピングには、売上をあげるにあたって、都度「壁」があると言われています。先ずは言わずもがな「初売上の壁!」次に「月商10万円の壁!」「月商50万円の壁!」さらには「100万円の壁!」という具合です。

もしもドロップシッピングの運営にお悩みのドロップシッパーさま、
先ずは「初売上の壁!」を突破してみませんか?
その一端を、弊社がショップ(サイト)制作という形でサポートさせていただければと考えております。

本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」の一助になれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなショップが作りたい!あんなショップを運営したい!というドロップシッパーの方。先ずは弊社へご相談ください。出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!


   

この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る