公開日:

もしもドロップシッピングサイトでの「スマートフォン表示対応」のススメ

この記事は 1502 回読まれました

もしもドロップシッピングサイトでの「スマートフォン表示対応」のススメ

 

いつも弊社をご利用いただき、誠にありがとうございます。
もしもドロップシッピングのショップ製作代行」の青山でございます。

もしもドロップシッピングの管理画面上からも既にリリースされておりますが、Googleより4/21以降「スマートフォン対応」の有無が、SEOに影響すると正式に発表されました。

スマートフォン対応しましょう(*要ログイン)

つまり、スマホ表示対応されていないショップは検索エンジンからの評価が、今後落ちる可能性があります。先ずは、ご自身のサイトがgoogleのモバイルフレンドリーであるか否かをテストしてみて下さい。

モバイルフレンドリーテスト

弊社でも、ネットショップを運営する上でのスマホ表示対応は、必須であると考えており、以前弊社にてサイト制作をご依頼いただいたクライアントさまも、これからご依頼をご検討いただくドロップシッパーさまも、この機会に是非「スマホサイト」を追加実装していただきたく、ご検討下さいませ。

【PC/スマホ各】もしもドロップシッピング制作プラン

先ずはPCサイトの売上が安定してから、スマホ表示対応をお考えのクライアント様も少なくないと思いますが、逆にスマホ表示対応が成されていないがために、売上が安定しないケースもございます。

また、商品によっては、売上の半数以上がスマホ端末経由からの購入というケースもございます。

もちろん、スマホ表示対応=売上という単純な図式でない部分もございますが、検索エンジンのgoogle公式アナウンスに沿ったスマホ表示対応は、今後の売上を左右する重要な要素のひとつです。

スマホ表示「未対応」のショップは、今後googleからの評価が落ちる可能性がありますので、これまではキーワード検索で上位表示されていなかったショップでも、この度のスマホ表示対応有無の評価変動によって、逆に上位に表示される「チャンス」だと捉えることも出来るのではないでしょうか?
 
 
 

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事
[clink url=”/blog/seo対策/来たる「モバイルファーストインデックス」で「”]

TOP ご相談・お問い合わせ ご依頼・お見積り

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)






この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る