公開日:

もしもドロップシッピングで人生が劇的にかわる、かもしれない!



この記事は 1200 回読まれました

 

毎回「 もしもドロップシッピングサイト製作代行」のブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。代表の青山でございます。

みなさま、ショップ運営は如何でしょうか?また、満足いくネットショップ運営は行えておりますでしょうか?

弊社は、もしもドロップシッピングに特化したショップ制作代行サービスをご提供しており、このたびサービス開始3周年を迎えるに至りました。これもひとえにご依頼いただいたクライアントさまはもちろん、ご支援いただいきました関係各社の皆様のおかげと感謝しております。

この場をお借りして、改めまして厚く御礼申し上げます。

現在「 サービス開始3周年記念歳末特別キャンペーン開催中」です!

さて先日、古くからの弊社のクライアントさまよりうれしいご報告がありました。それは、この「もしもドロップシッピング」の運営をステップに、新たに「楽天市場」へもショップを出店されるとのことでした!もちろんモール内での運営はこれからですが、これは弊社としましても、何よりうれしいニュースとなりました!

ちなみにこちらのクライアントさまは、いわゆる「脱サラ」をされた方で、ドロップシッピングの成功を期に「この業界に懸ける!」と大変力強くおっしゃっておりました。

もしもドロップシッピングからはじめて、モール運営や自社のネットショップへとステップアップする事例もあります!

たとえば、リアルに店舗を立ち上げることと比較した場合、また、実際に仕入れを伴うネットショップに新規参入することと比較した場合、「もしもドロップシッピング」は、その必要なシステムを「無料」で使用する事が可能です。これは本当に画期的なことです。

何故これほどのシステムを無料で利用できるのかは、皆さん一様に疑問に思われるところですが、もしもドロップシッピングは、このシステムを利用し運営するショップオーナー様の売上の一部を手数料とし、そこから利益を得ています。(厳密には、販売する商材の価格にもしも社の利益が含まれています。)

したがいまして弊社クライアント様の様に、先ずはもしもドロップシッピングのシステムを利用し、サイト制作から運営までの経験と実績をもって、最終的には実際の仕入れが伴うネットショップの運営に移行、あるいはもしもドロップシッピングと兼業で事業化される例というのも、実は少なくありません。
 
 
 

ネットショップの開店は、もしもドロップシッピングを始めるのと比べて、あまり大差ないなどと考える方、真剣に開店資金やリスクについてシュミレーションして考えたことがありますか…?

 
弊社へのお問合わせの中でも、楽天市場やYahoo!ショッピングへの出店と、もしもドロップシッピングでの運営開始を並列に考えて、どっちが成功するのか?などとご質問下さるお客様がいらっしゃいます。既に自社のネットショップを運営されている場合をのぞき、あくまで運営経験なしの新規参入でネットショップをはじめようとした場合…

1.商材の仕入れ(仕入れルートの開拓)
2.ショップ構築
3.ショッピングカート、クレカ決済システムの導入
4.配送会社との契約
5.梱包材の調達
6.梱包・伝票などルーティンオペレーションの構築
7.集客営業

…etc

ざっくりと上げただけでも、多岐に渡る開店準備が必要となります。
当然、仕入れについては在庫を抱えることになりますし、各種システムの導入には諸経費がかかります。当然、割かれる時間も膨大なものになるでしょう。無論ビジネスですので、ここまでしても初年度から利益が出る保証は皆無です。

このリスクを考えた時、たとえ利益額が少なくなっても、上記のネットショップ運営に必要なシステムが全て備わっており、実際無料でスタートできるものが既にあるとするならば、先ずはそれを使わない手はありません!
 
 
 

もしもドロップシッピングのメリットは、リスクがないことに他ならない…

 
ものすごく単純に申し上げますと、つまりは… 売上-経費=利益 となります。

売上が経費を上回らなければ、当然「赤字(マイナス)」となってしまいます。
しかしながら、もしもドロップシッピングにおいては、そもそも経費が「0」な訳ですから、たとえ売上が少なくとも、それはそのまま利益となります。まさにそれが「リスク0」と言える所以なのです。
 
 
 

もしもドロップシッピングの商品は高い、だから売れない。は、間違い!

 
良く耳にする「もしもドロップシッピング」が売れないとされる事由です。
先にも申し上げたとおり、もしもドロップシッピングはネットショップの運営システムを無料で提供している代わりに、商材に含まれる手数料で利益を得ています。先ず、これは至極当然のことと言えます。

ネット上でも声高らかに「もしもドロップシッピングは売れない」などという意見もございますが、弊社ではそのようには思いません。無論、もしもドロップシッピングに限らず、商品がより安価であれば「売れやすい」というのは事実ですが、しかしだからといって「高いから売れない」ということが全てではないのです!

事由は単純です。
価格を高く設定しても、実際に「もしもドロップシッピング」を利用した弊社ショップで商品が売れているからです!

高いから売れないとおっしゃっている方々は、まさに逆で「売れないが故に、それを商品価格のみの事由にしている」に過ぎません。一般的なネットショップを例に挙げてみても、価格が安価なショップだけが売れている訳では決してありません。要するにそれは「売り方」や「店構え」「集客」などの問題です。おそらく「もしもドロップシッピング」で売れない方は、楽天市場に出店しても、Yahoo!ショッピングに出店しても、売れることはないでしょう。単純にその「売り方」についてのテクニックを、リスクなく実際のショップ運営で勉強するということ、仮にただそのひとつだけでも「もしもドロップシッピング」をはじめるメリットに十二分になり得ることでしょう。
 

現在「もしもドロップシッピング」では38万点以上(2015.09.現在)の商材を取扱っています。
きっと、売れ筋商材も埋もれているでしょうし、ヒット商品だって今後新たに生まれることでしょう。弊社は、まだまだ無限の可能性を秘めているこの「もしもドロップシッピング」に特化した、有料のショップ製作代行サービスを「誠心誠意」ご提案しております。

売れるショップの条件は「デザイン」が全てではありません。が、だからといって「デザイン」がおろそかでは、訪問者の購買意欲は低下しがちです。その意味において「しっかりとしたデザイン」のショップを作ることが “売れる” ための一つの重要な要素だという事は、否定できません。

もしもドロップシッピングを始めて、比較的初心者のドロップシッパーさま。
何年も運営しているが、未だ満足な結果を得られていないという、ベテランのドロップシッパーさま。
ゆくゆくはモール運営や自社でネットショップを展開しようと考えておられる、ビジネス思考のドロップシッパーさま。

これより一年で最もモノが売れるといわれる、年末商戦に突入して参ります!

すべてのショップ・サイト構築にお困りのドロップシッパーさまへ、弊社が「ショップ製作」という形で必ずやお助け申上げます!
よろしければ是非一度、お問合わせ下さいませ。

きっと、これまでの何かが変わるはずです!
 
 
 

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事
[clink url=”/blog/ecニュース/来たるべき「1億総副業時代」と「もしもドロップ”]

TOP ご相談・お問い合わせ ご依頼・お見積り

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)




   

この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る