公開日:

「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」などの仮想ショッピングモールのどちらをはじめようかと、ご検討されている方へ

この記事は 1663 回読まれました

「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」などの仮想ショッピングモールのどちらをはじめようかと、ご検討されている方へ

 

いつも本ブログへお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。「 もしもドロップシッピングショップ製作代行サービス」の青山です。
 
さて今回は、弊社へのお問合せでも比較的多くいただく内容を本ブログをご覧のみなさまにも共有していただきたく記事にしました。みなさんのショップ運営、またはスタートにご参考いただければ幸いです。
 
 
 

「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」のどちらが良いか?というお問合わせについて

 
日々頂戴する弊社へのお問合せで「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」のどちらでネットショップ運営をはじめるかを悩んでいる…というような内容をいただくことがあります。

これは結論から申し上げると、そもそも比較検討するべきものではないと考えます。

無論、お問合わせいただいた方にもそのように毎回ご返答差し上げているのですが、主な事由をみなさんとも一緒に考えてみたいと思います。

質問者さまがどれだけの事業規模を想定されているかにもよりますが、ネットショップを運営する場合においては、先ず商材を何にするか?と、その商材をどう仕入れるか?ということが、非常に重要な要素のひとつとなります。

楽天市場は、原則として商材を「ネット上で出店販売する場」…でしかありませんから、先ずはご自身が扱う「商材」ありきの話ですので「もしもドロップシッピングか?」それとも「楽天市場か?」という本お問合わせは、根本的にお話が違うような気がするという訳です。
 
 
 

「もしもドロップシッピング」と「楽天市場」の違い

 
ご存じのとおり楽天市場は、その集客や店舗運営ノウハウを教えてもらえる代わりに多額の資金が必要になります。特にオープンから開店当初は、契約も含めて「もしもドロップシッピング」とは比較にならない程の「初期投資」が必要になります。

また、ショップ運営スタート後も広告を買ったり、メルマガ発行にも都度お金がかかりますし、それとは別途、月毎のロイヤリティ支払いも発生します。

加えて前述のとおり「楽天市場」はあくまでも商品の売り場(モール)ですので、商品の仕入れ、ショップ構築、カート決済システム、梱包、発送、メール、顧客管理…etcなど運営に付随する業務もすべてご自身でこなさなくてはなりません。これは一般的な自社ネットショップでも同じです。
 

他方「もしもドロップシッピング」では上記の必要な運営フローは「もしもドロップシッピング」側が全て代行してくれますので、端的に申し上げれば、商品販売サイト(ショップ)さえ構築すれば、ビジネスとして成立するような画期的な仕組みとなります。

故に先ずは「もしもドロップシッピング」からネットショップをはじめて「ショップ運営のご経験」と「将来独立(自社ネットショップの立ち上げ)の資金」を蓄えていくドロップシッパーさまも、実際少なくありません!
 
 
 

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事
[clink url=”/blog/ecニュース/「topseller(トップセラー)」ではなく「もしもドロッ”]

TOP ご相談・お問い合わせ ご依頼・お見積り

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)






この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る