公開日:

「もしもドロップシッピング」のネットショップをオープンするにあたって、まず「ショップ名」をどうするのか?ということ。



この記事は 728 回読まれました

「もしもドロップシッピング」のネットショップをオープンするにあたって、まず「ショップ名」をどうするのか?ということ。

 

さて「 もしもドロップシッピング」でネットショップ運営をされているドロップシッパーさまが、一度はお悩みになる問題として「ショップ名をどうするか?」ということがあると思います。実際、弊社サイトの  お問い合わせフォーム にも同様の内容が多く寄せられております。

そこで今回は、この「もしもドロップシッピング」における「ショップ名」について、少し掘り下げて考えてみたいと思います。
 
 
 

もしもドロップシッピングのショップ名は、決して「ファッション」のようにトレンドで決めてはいけない!

 
先ずは、もしもドロップシッピングに限らず「ネットショップ」でのショップ名を決める「大前提」として…「すてきな、かっこいいショップ名」が、イコール「ネットショップに強いサイト名」ではない、ということです。
 

つまり結論から申し上げますと…

1.「覚えてもらいやすい名前」

2.「文字量の少なさ」

3.「検索キーワード」

…が、重要な要素だということになります。具体的には、取扱商品と直結した「わかりやすい名前」を付けるということになります。

例えば、インテリア雑貨を扱うECサイトに「タンスのゲン」というショップがあります。(ご存知でしょうか?)
こちらは、年商40億円規模の大手ショップなのですが、同社がEC事業が伸びた要因の1つとして「覚えやすく印象に残るサイト名」だったと分析しています。
 
 
 

更にターゲットやキーワード検索なども考えてみると、おのずとどういうショップ名が最適かが見えてくる!

 
「もしもドロップシッピング」に限らず、ネットショップのショップ名として大事なことが「覚えやすく印象に残る」ということだとした場合、昨今のスマートフォンの普及や、中高年によるネットショップ利用の急激な増加をかんがみれば「覚えやすさ」は「文字数の少なさ」ともリンクしますので、その部分においても考慮することで「圧倒的有利」になると言えます。

もっと言えば、ひらがなと英語とカタカナを混ぜない、大文字、小文字を混在させない、ということも重要になってくると弊社では考えております。

更には「SEO」や「検索エンジンからの流入」をもかんがみますと、ショップ名の前に「●●●通販(商品ジャンル名)」とか「●●●の専門店」などのキーワードを直接的に入れ込むと、なお良いと考えます。

また、もし他の「ショッピングモール」や「ショップできすぎくん」などでの「多店舗展開」を前提に運営されておられる場合は特に「本店」「公式」「専門」などの何れかを使った方が良いともされています。

 
 
みなさんの運営する、あるいはこれから制作に着手しようという「もしもドロップシッピング」のショップ名にも「取扱商品と直結したわかりやすい名前」ということを、是非落とし込んでみてください
 
 
 

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事
[clink url=”/blog/もしもドロップシッピングのこと/ショップできすぎくん/ショップできすぎくんのサイト運営者ページに最”]

もしもDS制作代行TOP ご相談・お問い合わせ ご依頼・お見積り

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)




   

この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る