公開日:

「TopSeller(トップセラー)」ではなく「もしもドロップシッピング」の方が良いワケとは?

この記事は 1431 回読まれました



 
もしもドロップシッピング制作代行サービス」をいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
代表の青山でございます。

さて、日々お問い合わせを頂戴する中で、昨今比較的多くいただくお問い合わせ内容が…

「TopSeller(トップセラー)」の方が利益率が高いのでもしもドロップシッピングより、TopSeller(トップセラー)で始めたいと考えています。どのプランが良いですか?

 

…というようなものです。

同じ「株式会社もしも」が提供しているサービスなので、もしかしたら混同されているケースもあるかもしれませんが、「もしもドロップシッピング」と「TopSeller(トップセラー)」は根本的には異なるサービスです。
 
 
 

「TopSeller(トップセラー)」は既に自社ショップを運営しているオーナーさま向け。「もしもドロップシッピング」はこれからネットショップをはじめるというオーナーさま向け。

 
TopSeller(トップセラー)」は報酬が高い代わりに商品登録をはじめ、受注、発注から出荷処理、在庫管理などのデータ更新を「日次作業」としてショップオーナーさまが自ら行う必要が生じます。
加えて、注文確認、出荷予定日通知、出荷通知メール等々の都度必要な顧客対応も必要な業務になって参ります。

加えて、弊社のような制作業者へのサイト発注はもちろん、決済サービスや各モールへの登録費用、ロイヤリティ、モール内広告費用など運営に必要なランニングコストも別途発生します。

ですから、元々自社のネットショップ等で既に運営をされているショップの「商材拡充」というのが極めてスマートですが、他のクライアントさま等のお話もかんがみますと、特に「ネットショップ副業」というスタンスや「比較的初心者さま」のショップオーナーの方は、たとえ利益率は低いものの、上記の作業フローをすべてプロバイダ側で行ってくれる…かつ、システム利用も「無料」で運営できる「もしもドロップシッピング」から先ず始められた方が、相対的なリスクは極めて低いと認識しております。

いまこそ「もしもドロップシッピング」に真剣に取り組んでみませんか?
きっと何かが変わるはずです!
 
 
 
本記事が、みなさんの「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事

誰も教えてくれない「もしもドロップシッピング」における「売れる」商材とは?


 




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る