公開日:

もしもドロップシッピングの「レスポンシブデザイン制作」を依頼することと「PC+スマホサイト制作」を依頼する違いとは?



この記事は 519 回読まれました

もしもドロップシッピングの「レスポンシブデザイン制作」を依頼することと「PC+スマホサイト制作」を依頼する違いとは?

もしもドロップシッピングサイト作成代行サービス 」代表の青山と申します。いつもご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて、日々頂戴するお問い合わせの中でも「レスポンシブデザイン」につきまして、普通に「PCサイト」と「スマホサイト」を両方依頼するのとは何が違うのか?という旨の内容を多くいただきます。
 
そこでこちらのブログ内でも回答を共有させていただき、広くご検討中のショップオーナーさまにも知っていただければと考えております。
 

「レスポンシブデザイン」VS「PC+スマホサイト」

 
弊社が考える「レスポンシブデザイン」と「PC+スマホサイト」との分かりやすい違いを端的に申しますと「サイトデザインの違い」ということになるかと思います。

「レスポンシブデザイン」はURLが一つなので、原則として「スマホサイト」を基準とし表示される「サイト幅」によって都度レイアウトが可変し、タブレット端末やPCでもデザインが最適化され閲覧できるという制作方式です。

他方、「PC+スマホサイト」をご依頼いただいた場合はURLも異なりますので、それぞれの専用サイトとなります。(ちなみにアクセスされた端末を自動識別し、それがスマホならスマホサイト、PCならPC版サイトを表示させるようにシステム化されています。)

 

どちらが良いのかは、商材と取扱い数

 
先ずある大前提としまして、前述の傾向に加え「PC」よりも「スマホ」で表示させる情報量の方が圧倒的に少ないということがあります。
ですので、基本的には「レスポンシブデザイン」の方は結果として割とシンプルなサイトデザインになる傾向があります。

他方、「PCサイト」と「スマホサイト」を別々に構築できればその限りではないということになります。

つまりサイトデザインに特段のこだわりがあって、より作り込みたい、また取り扱いの商材が多くある、というようなクライアントさまには「PC/スマホサイト」を。
 
デザインには特段こだわらず、比較的少数の商材のショップを展開させたいし、費用もあまりかけたくない、といような場合は「レスポンシブデザイン」が最適だと弊社では考えております。

 
いずれにしましても、Googleはスマホサイトを基準として検索エンジンにおけるサイト評価、順位付けを行っていくと発表しています。(モバイルファーストインデックスと呼ばれています。)そしてより多くのサイトをこの「モバイルファーストインデックス」に移行すると発表しています。

つまりこれまでの「PCサイト」ではなく「モバイルサイトのコンテンツ内容」が、検索エンジンの順位を決める重要な要素だとし、今後益々モバイル重視の流れは無視できないと考えます。

今後益々「スマホサイト厚遇」のながれは加速していきますので、スマホ対策が必須であることは揺るぎようのない事実です。

その中で「レスポンシブデザイン」「PC/スマホサイト」をうまく使い分けて更なる売上増加に繋げていただければ幸いに存じます!

 
 
 
本記事が、みなさんの「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事

来たる「モバイルファーストインデックス」で「もしもドロップシッピング」に千載一遇の大チャンスが訪れるかもしれない!


 


   

この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

 
ページトップへ戻る
ページトップへ戻る