公開日:

もしもドロップシッピング「専門店制作プラン」の商材を何にするのかということ

この記事は 349 回読まれました

もしもドロップシッピング「専門店制作プラン」の商材を何にするのかということ

いつも弊社サービスをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
代表の青山でございます。

さて、弊社へいただくお問い合わせやご契約後のご相談として、もしもドロップシッピングの商材の中で「何を選び、何の専門店にすればよいのか?」という内容を相変わらず多くいただきます。
 
ご契約後のクライアントさまへは、個々のご依頼状況などによって都度アドバイスをさせていただけますが、ご契約前のお問い合わせの段階ではご回答差し上げられる限界がございます旨、先ずは予めご了承いただきたく存じます。

とは申しましても、ある程度のビジョンが見えてこないことには実際のご契約までのステップに躊躇してしまうお気持ちも、無論お察し申し上げます。
そこで本ブログ内にて共有いただけるオープンなご検討材料を今回は記事にしたいと思います。
本情報もご参考いただき、もしもドロップシッピングによるショップ運営をいちはやくスタートさせていただければ幸いです!
 
 

売れそうではなく売れているという実績

 
先ず、もしもドロップシッピングとて方式は違えども「ネットショップ運営」です。
世の中のトレンドや季節ごとにある程度の「売れ筋商材」というものは他のネットショップと同様、そう大差はありません。

「もしもドロップシッピング」の商材は約40万点以上です。(2019.5現在)
専門店制作プラン」の場合はその名のとおり「専門店」を構築する為、その商材選定が売上を大きく左右すると言っても過言ではありません。

そこで前述のように何を選んでよいか悩まれるケースが多いようですが、言わずもがな先ず頼りにしたい情報として、もしもドロップシッピングで既に「売れているという販売実績」だと思います。

 
 

さらに突っ込んで考えてみる

 
当たり前だと言われるオーナーさまもいらっしゃると思いますが、40万点以上の商材から闇雲に専門店を構築するよりも、実績を基に商材選びをすることで勝算を高められることは
他のショップオーナーさまも実証済みです。

この「販売実績」を単に総計で見ても良いのですが、さらに突っ込んでみると、より戦略的な専門店制作が可能になります。

ひとつの例としまして「昨年の今頃は何が売れていたか?」という季節性に焦点を絞りデータを見てみましょう。

2018年5月度の株式会社もしも(TopSeller)販売実績(売上順)

01. 絶叫・情熱・感激 西城秀樹 CD4枚+DVD1枚
02. プロ仕様!割れない鏡 【REFEX】
03. やさしいコルクマット 約8畳(64枚入)本体 ラージサイズ
04. スミノエ ホームタイルカーペット R-5001
05. アルファミラージュ 貴金属テスター
06. もっとおはなしダッキー プリン
07. Dカラー IFクラス EXカット0.3ct
08. ダイヤモンド ピアス プラチナ Pt900 0.8ct
09. KLINT(レ・クリント) テーブルランプ
10. やさしいジョイントマット ナチュラル 約8畳(36枚入)本体 ラージサイズ

※文字数の都合上、商品名を一部省略しています
※商品検索の条件によっては抽出されないことがあります
※既に販売終了している場合があります

 
尚、弊社サービスではご契約者さま全員に…
【\ジャンル別商品売上ランキング/他資料】
(何が売れているのかという、通常ではあまり知ることが出来ない「虎の巻」のようなものです。)…のデータを進呈しております。

実際に直近で売れている商材や、ジャンルをゆっくりと見極めたうえで、あらためて何の専門店にするのか?(カテゴリ内の取扱いジャンルをどうするか?)等をお決めいただく事も可能です!

 
 
 
本記事が、みなさんの「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

あわせて読みたい、売上があがるかもしれない記事

「TopSeller(トップセラー)」ではなく「もしもドロップシッピング」の方が良いワケとは?


 




この記事を書いた人:青山健(あおやまたけし)

「もしもドロップシッピングのサイト制作代行」を運営する「ディーエスサポート・ドットコム」代表。 舞台役者を志すも道半ばにして夢破れ、大道芸人の傍らWEB制作に携わるという異色の経歴の持ち主。 サイト(特にネットショップ)制作好きが高じて「もしもショップオーナー」から本サービスを立ち上げ、現在に至る。 好きな食べ物は牛丼。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る