もしもドロップシッピングで「稼ぐ」ためのサイト制作代行サービスが贈る「売上があがるかもしれないブログ」

  1. ECニュース

「TopSeller(トップセラー)」ではなく「もしもドロップシッピング」の方が良いワケとは?

 
もしもドロップシッピング制作代行サービス」をいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
代表の青山でございます。

さて、日々お問い合わせを頂戴する中で、昨今比較的多くいただくお問い合わせ内容が…

「TopSeller(トップセラー)」の方が利益率が高いのでもしもドロップシッピングより、TopSeller(トップセラー)で始めたいと考えています。どのプランが良いですか?

 

…というようなものです。

同じ「株式会社もしも」が提供しているサービスなので、もしかしたら混同されているケースもあるかもしれませんが、「もしもドロップシッピング」と「TopSeller(トップセラー)」は根本的には異なるサービスです。
 
 
 

「TopSeller(トップセラー)」は既に自社ショップを運営しているオーナーさま向け。「もしもドロップシッピング」はこれからネットショップをはじめるというオーナーさま向け。

 
TopSeller(トップセラー)」は報酬が高い代わりに商品登録をはじめ、受注、発注から出荷処理、在庫管理などのデータ更新を「日次作業」としてショップオーナーさまが自ら行う必要が生じます。
加えて、注文確認、出荷予定日通知、出荷通知メール等々の都度必要な顧客対応も必要な業務になって参ります。

加えて、弊社のような制作業者へのサイト発注はもちろん、決済サービスや各モールへの登録費用、ロイヤリティ、モール内広告費用など運営に必要なランニングコストも別途発生します。

ですから、元々自社のネットショップ等で既に運営をされているショップの「商材拡充」というのが極めてスマートですが、他のクライアントさま等のお話もかんがみますと、特に「ネットショップ副業」というスタンスや「比較的初心者さま」のショップオーナーの方は、たとえ利益率は低いものの、上記の作業フローをすべてプロバイダ側で行ってくれる…かつ、システム利用も「無料」で運営できる「もしもドロップシッピング」から先ず始められた方が、相対的なリスクは極めて低いと認識しております。

いまこそ「もしもドロップシッピング」に真剣に取り組んでみませんか?
きっと何かが変わるはずです!
 
 
 

 本記事が、みなさんの
「もしもドロップシッピング運営」のほんの一助にでもなれれば幸いです…。

(もしもドロップシッピングサイト制作代行|代表 青山健)

もしもドロップシッピングでこんなサイトが作りたい!あんなショップを運営したい!という、もしもドロップシッピングのショップオーナーさま、先ずは弊社へご相談ください。
出来得る限り、ご希望に沿えるよう柔軟性をもって対応致します!!

ECニュースの最近記事

  1. 「TopSeller(トップセラー)」ではなく「もしもドロップシッピング」の方が良いワケと…

  2. 来たるべき「1億総副業時代」と「もしもドロップシッピング」

  3. もしもドロップシッピング会員さま向け「無料売れ行き調査ツール」がリリースされました!

  4. 「恵方巻きサイダー」に見る、もしもドロップシッピングにおける売れない商品の「売り方」とは?…

  5. ドロップシッピング副業にも転機?!楽天市場やアマゾンでスマートフォン利用者がパソコン利用者…

関連記事

ショップオーナーさまの仕事はサイト制作でしょうか?
はじめての方へ

専門店制作プラン

総合店制作プラン

制作のながれ

制作実績

会社概要

最近の記事

おすすめ記事

  1. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピングをあきらめている方へ!!!!!
  2. もしもドロップシッピングのこと

    もしもドロップシッピングでサイト制作を外注する意味とは?
  3. SEO対策

    「もしもドロップシッピング」のショップ集客に効果的な「ブログ…
  4. ECニュース

    もしもドロップシッピング会員さま向け「無料売れ行き調査ツール…
PAGE TOP